1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルスパム対策のダイアログの提示は、柔らかく協力をもとめる方向で 

ソーシャルスパム対策

トラックバックを削除しようと[×]をクリックしたら、
「ソーシャルスパム対策に参加して迷惑サイトの撲滅に協力してみませんか」のダイアログが出てきました。

削除しようとするものは必ずしも「スパム」ではありません。誤って送信されたトラックバックである可能性もあります。

また、以前にも指摘しましたが、FC2IDを持ちソーシャルスパム対策を登録していないユーザは、毎回[キャンセル]をクリックしなければならない「面倒」が生じています(過去のように、登録ユーザでなくとも登録できたほうが、データ自体は集まるかと思うのですが、やはり、無責任な登録を未然に防止するという意味では、登録ユーザでないとまずいのでしょうか)。

上記2点を鑑み、以下を要望します。

「スパム登録する」項目を設ける


トラックバック一覧にスパム登録のボタンを

ここで「登録」をクリックして上記ダイアログが出たとしても、さほど「面倒」は感じません。「登録しない」場合は、次回よりクリックしなければ良いわけですから。

「環境設定」で「協力する / しない」を選択する


次の案としては、前の記事でも書いたように、「環境設定」で「ソーシャルスパム対策」に「協力」するかしないか、をあらかじめ設定しておく、というものです。
「スパムでない削除にもダイアログが出てしまう」ことは避けられませんが、「ソーシャルスパム対策に登録していないユーザは毎回キャンセルをクリックしなければならない」面倒は回避できます。

未登録ユーザに「ダイアログを今後表示しない」オプション


「□ダイアログを今後表示しない」というオプションが設定できれば良いかなという気もしますが、その後「ソーシャルスパム対策」に登録したときのことを考えると、「環境設定」のほうがスマートに思えます。

「削除」ではなく「拒否」をクリックした時点での表示を


これは最低限の要望ですが、より頻繁にある「削除」をクリックした際ではなく、少なくともブログの管理者が「迷惑である」と判定している、という目安として、「拒否」をクリックした時点で、「ソーシャルスパム対策」にアクセスするようにしていただきたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sweetspots.blog1.fc2.com/tb.php/219-21801586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。