1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンル別コミュニティを活性化する方法を考えてみるよ 

昨日か一昨日、スレッドテーマ活性化のためのモニョモニョをまとめます、と書いたところで、今までにもいくつか書いてあるような気がして、検索。管理画面でキーワード検索ができるようになったのはほんとうにありがたい。ありましたよ、そのものズバリ、「スレッドテーマ」という記事が。

その記事の中で語ったのは以下のようなことがらです。

  • 「次のページ」復活
  • 「通報ボタン」の設置
  • 見栄えを楽しく、ブログのサムネイルを表示
  • FC2ブックマークと連携、ブックマーク数を表示

さて、現状を運営はどうとらえているのでしょうか。ちょっと資料が古い(2006年6月)ですが、FC2ブログユーザーフォーラムで、スタッフの深月さんが「アニメ・コミック」ジャンルの分割要望にたいして返答しているのをまとめると、ざっとこんな感じになります。

  • ジャンルの分割は難しい。スレッドテーマの数を増やしていく方向で対応。
  • ただし全スレッドテーマの表示は負荷の問題があり難しい。
  • 重複スレッドなど不適切なスレッド建てを防ぐために、新規スレッド作成には、ある程度エントリ数のある慣れてきたユーザといった条件をつけると良いかもしれない。
  • 重複には報告があれば良いかもしれない。
  • 全テーマを存続させるのではなく、更新数の多いテーマを残していきたい(感じ)。2chのように1スレッド辺りの投稿数の上限を定める方法も考えられる

現在のスレッドテーマの表示方法は、それを受けて、2ちゃんねる方式ですね。

ジャンル「ブログ」のテーマ200件表示のページ

実に盛りだくさんなページです。左サイドにはジャンル一覧とブログのメニュー、右サイドにはそのジャンルのアクセスランキングベスト50、そしてメインカラムには「新着モブログ」「共有スレッドテーマ」「新着エントリー」「新着ブログ」。これこそ、分割することはできないのかなと感じます。たとえばこんな風に(例によって負荷等の問題は考慮には入っていません)。

各ジャンル別コミュニティのページを4ページに分割し、それぞれの表示数を増やします。これの利点はいくつかあります。

「ポータルに載らない」ユーザの不満を若干緩和できる

FC2ブログのポータルページの「新着記事」に載らない、という訴えが、時折FC2ブログユーザーフォーラムにも書かれます。答えは「ユーザがこれだけ多いのだから、載らなくてもおかしくはない」ということになります。

たしかに、そう答えざるを得ないのですが、載りたいユーザからしてみれば、それはあまりにもな回答。ユーザが10万人だった頃と160万人の今では事情が違います。なのに、ポータルの表示領域も表示数も同じ。サービス提供側としては、ユーザ数の増加にに対応していかないとならない部分だと思います。

今この時間、午前3時近い時間帯にもかかわらず、ポータルには1分間に10記事ほどが掲載されています。もし幸運にもここに掲載されたとしてもあっという間に流れてしまいます。そこで、ジャンル別コミュニティです。現在もジャンル別コミュニティのページにも同じように新着記事が載りますが、ここの表示数を現在の15記事から100記事にしたら?こういう場所に載りたい、というユーザは喜ぶでしょう。できるだけ露出したくないユーザには、「ポータルに通知しない」というオプションが記事ごとに選択できますから、問題もありません。

モブログのユーザで、このページを見ることができるのは一部でしょう。が、これはこれで、ギャラリー的な面白さが生まれるのでは、という気はしています。問題は、ポータルの存在も表示されることも知らないユーザの存在ですが、これは周知をはかることで解決しましょう。

スレッドテーマの表示数を増やすことができる

これは一概にメリットと言えるのかどうか。深月さんの発言を読むと、FC2はスレッドテーマが膨大な数になることは歓迎はしていません。マイナーな更新頻度の少ないテーマは淘汰されるべきと考えているようで、2ちゃんねる方式の「各テーマへの投稿は上限1000、上がらないテーマは消去」という仕様の検討もあるかもしれません。

けれど、各ジャンルのテーマの表示が200というのはユーザ数からしたら少ないなというのが印象。そこで500にしたらどうなるのか?というのがジャンル別コミュニティ:スレッドテーマです。文字の大きさも若干大きくしてみました。

あるいは、どうしても200までしか表示しない、とするのなら、それはそれで、もっと分かりやすく提示することができますね。ジャンル別コミュニティ:スレッドテーマ(案2)

実際には、どのくらいのテーマがあり、どのくらいがアクティヴなのかは、スタッフのみぞ知る、ですが、このジャンル別コミュニティ、もっと活性化すると面白いものになりそうだと思うのです。

ところで、ページングが削除されてかなりになるのですが、復活しないのでしょうか。ひょっとして、負荷の問題があったりするのでしょうか。

なお、こんな場所にまで出没するスパマーについては、[通報]ボタンの設置を提案します。⇒スパム対策ツール

ポータル掲載とスパム

記事を更新してポータル(ここでは便宜的に「ジャンル別コミュニティ」も含む)に掲載されると、間もなくスパムコメントやスパムトラックバック、スパム訪問履歴などがやってきます。監視・自動投稿ツールがあるのでしょうね。まったく迷惑な話なのですが、だからといって掲載をおそれることはありません。スパム対策はスパム対策としてしっかりやれば良いのですから。

ジャンル別コミュニティプラグイン

公式で、こんなのがあってもいいのではないですか。

自分が投稿したことがあるジャンル別コミュニティのスレッドテーマ一覧。表示したくないものは選択非表示できると尚良い、という感じです。

まだ思いつきのかけらなのですが、簡単に設置できる「ブログリング」のような格好になると面白いかなと思いますが、リンクの表示だけでも、初心者には嬉しいプラグインになるかと思います。

「新着ブログ」への掲載について

最後に、これは、「ジャンル別コミュニティの活性化」とは話がずれるのですが、「新着ブログ」への掲載についての要望です。

現在、ブログを作成すると即、「新着ブログ」に掲載されます。が、この時点では、99.9%記事は投稿されていないでしょう。できたばかりの記事がひとつもないブログを楽しむのは、なかなかに高度な技です。この時点で掲載されて喜ぶのは、それこそ、スパムを送信しようとする者だけでしょう。

また、中には、プライベートモードで運営しようとしているユーザも居ます。こうした場合は、作成直後に「新着ブログ」に表示されたくないでしょう。

そこで、「新着ブログ」への掲載には、ブログ作成後一定の時間をおくことを提案します。24時間あれば、記事のひとつも投稿されているかもしれないし、プライベートモードにする時間は充分にあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sweetspots.blog1.fc2.com/tb.php/174-ebee6ec1

検索履歴の削除

検索履歴の削除の情報です。

  • [2008/01/12 17:17]
  • URL |
  • ,ジャンル別コミュニティを活性化する方法を考え |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。